シナリオプランニング「合わせ技」読書会 -『ワーク・シフト』編


シナリオプランニング「合わせ技」読書会

※株式会社スタイリッシュ・アイデアがご提供しているシナリオプランニングのメニューは「シナリオプランニング」をご覧ください。

講座概要

日本でもシナリオプランニングが盛り上がってきました。海外では911テロ以降、シナリオプランニング関連の論文の数が急激に増えたというという指摘がありますが(※1)。同じように日本でも、311以降、われわれが直面している不確実性に向き合うため、シナリオプランニングへの注目が高まっています。

そのような中、株式会社スタイリッシュ・アイデアでは法人のお客さま向けにシナリオプランニングの各種サービスをお届けしていますが、今後は職業・性別・年齢を問わず、この不確実な社会の中で世界に開かれた次世代コミュニティのリーダーとなっていく「シナリオプランナー」を育てるため、個人の皆さま向けの企画もご提供していきます。

その一貫として開催しているのが、フューチャーセッションを利用した社会イノベーションの推進に取り組んでいらっしゃる野村恭彦さんが監訳された『シナリオ・プランニング――未来を描き、創造する』を使った読書会です。

4862761658

この本、とても素晴らしい本なのですが、わたしの周りで読んだ方からは、日本人にとって事例がいまいち入り込みづらい、シナリオ作成のプロセスはわかったが自分でシナリオを作成するイメージがわきにくいといった感想をいただきます。

そこで、シナリオプランニング読書会では、この本の内容もベースにしつつ、講師によるこれまでのシナリオプランニングのファシリテーション経験を元に、限られた時間でシナリオ作成プロセスの一部を体験する「ミニシナリオ作成体験」をしてもらうことをゴールとします。

ただし、時間が2時間と限られている上、『シナリオ・プランニング――未来を描き、創造する』だけではわれわれを取り巻く外部環境を理解するには情報が足りません。

そこで、企画したのが、この「シナリオプランニング「合わせ技」読書会」です。

今回の「合わせ技」はリンダ・グラットンによる『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉』を使います。

4833420163

シナリオ・プランニング――未来を描き、創造する』と『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉』の読書会に加えて、シナリオ作成も体験できる贅沢な読書会です。

なお、ファシリテーターを務める新井は2013年9月末から10月頭までUniversity of OxfordのビジネススクールであるSaïd Business Schoolで開催されたOxford Scenarios Programmeにおいて、数々のシナリオプランニング実践者よりシナリオプランニングの指導を受けてきました。今回の読書会はその経験も踏まえ、本には出てこないシナリオプランニングの最前線の知識をお伝えします。

※1:詳しくは『Business Planning for Turbulent Times: New Methods for Applying Scenarios』参照

プログラム

  • 日時:2014年02月18日(火)19:30〜21:30(19:15受付開始)
  • 内容
    1. 参加者の皆さんの自己紹介
    2. 『シナリオ・プランニング――未来を描き、創造する』読書会
    3. ミニシナリオ作成
  • 会場:飯田橋西口店マイ・スペース(アクセス)※変更する可能性があります
  • 参加費:3,000円(事前振込となります。振込先は申し込んでくださった方にご連絡します)
  • 参加対象者
    ・シナリオプランニングを初めて知ったというシナリオプランニング入門者の方
    ・シナリオプランニングを使ったことがあるが、理解を深めたいと考えている方
    ・シナリオプランニングの考え方を応用したい企業、自治体、NGO、NPO等の団体の方
    ※参加される方は『シナリオ・プランニング――未来を描き、創造する』をお持ちください。通読することは必須ではありませんが、当日のディスカッションの内容をより深く理解するために目を通しておくことをお薦めします。
  • 講師:新井宏征(株式会社スタイリッシュ・アイデア代表取締役社長)
  • 備考:やむを得ず講師・プログラム等が変更になる場合もございますので、ご了承ください。

お申し込み

※受付は終了しています

メールマガジン購読

未来を見据え、未来を創るためのビジネスの見方を学べるコラム「アイデアノート」や最新のセミナー情報などをお届けする「スタイリッシュ・アイデア ニューズレター」にご登録ください。

新刊のお知らせ

組織でイノベーションを起こすために必要な知識が詰まった『成功するイノベーションはなにが違うのか?』発売中

4798140570
ページ上部へ戻る