この不確実な時代に、未来のことがわかれば、どんなに楽だろうかと誰もが思っています。

組織としてこの時代でどう生き残り、さらに実績をあげていくのかということを考えなくてはなりません。そして、その中で働いている私たち個人のキャリアも同じこと。このまま今の会社で働いていていいのか…。

未来を予測できないとなれば、こういう事態をどう切り抜ければいいのでしょうか?ただ、流されるがままにしていればいいのでしょうか?

予測ができないのならば、未来を創り出せば良いのです。

ただし、それは決して起業をするとか、そういう大層なことではありません。起こり得る未来を描いて、それに対処するようなアクションを決め、実行していけばいいのです。

そのために使うのがシナリオプランニングという手法です。

元々シナリオプランニングが企業において使われるようになったのは、石油会社大手のロイヤル・ダッチ・シェルが1965年に使い始めたのが始まりです。

そういう印象もあってか、シナリオプランニングは大企業のものと思われがちです。しかし、実際はどんな規模の企業でも、そして自治体やNPOなどの団体、そして個人までもが活用できるツールです。

どんな立場のどんな人でも、シナリオプランニングを使うことで、起こり得る未来を描き、それに向かって適切なアクションを起こすための明確な道しるべを引くことができるのです。

ところが、まだ一般的にはシナリオプランニングという強力な手法は知られていないのが現実です。

そこで、シナリオプランニングの重要性やその効果をぜひ知っていただきたいと思い、シナリオプランニングの全プロセスをメール講座として無料公開することにしました。

ご登録いただいた方には、10回にわたって「変革のための実践シナリオプランニング」の全容をお伝えします。

また、このタイミングで無料メール講座にお申し込みいただいた方には、
特別資料もプレゼント!

この資料はメール講座を読みながら、実際にシナリオを作るために必要なワークシートをまとめたものです。

知識だけではなく、本当にシナリオプランニングを使いこなせるようになりたいと考えているあなたのためにこの特別資料を作りました。

メール講座と合わせて、ご活用ください。

  • 1回目:シナリオプランニングとは
  • 2回目:シナリオプランニングの準備

  • 3回目:シナリオテーマの決め方
  • 4回目:外部環境のとらえ方
  • 5回目:重要な外部環境要因の見極め方

  • 6回目:ベースシナリオの描き方
  • 7回目:複数シナリオを描く秘訣
  • 8回目:シナリオストーリーで表現する

  • 9回目:シナリオ分析の考え方

  • 10回目:シナリオ作成後にやるべきこと

キャズムを超える翼を授けるイノベーションコンサルタント

東京外国語大学大学院修士課程修了(応用言語学専攻)/オックスフォード大学サイード・ビジネス・スクール シナリオプランニング・エグゼクティブコース修了。

R&Dから市場撤退までを見据え、長期的視点でアドバイスができるイノベーションコンサルタントとして活躍。

プロダクトを見る目、ビジネスとして成立する「製品にするための要件」を熟知し、シナリオプランニングの観点から企業のイノベーションを次々と支援。「これだけ動きの早い時代に何から手をつけていけばいいのかがわかった」、「新しい手法を社内に浸透させていく方法がわかった」など経営者や研究開発担当者からの信頼も厚い。

ビジネスや経済ニュースは海外だけで常時100サイト以上をリサーチし、語学力を生かしたファクト収集に定評がある。また、クラウドが日本に定着する4年前から情報発信を行うなど今後注目される分野やイノベーションの風を早い段階でとらえる嗅覚は右に出る者はいない。グローバルに通用するプロダクトの開発はもちろん、技術力、開発力を活かすための「チーム作り」も熟知している。

企業研修では、「WHYのないビジネスをするな!」というメッセージを投げ続け、「脱・短期視点」を経営者と開発責任者に叩き込む。週刊エコノミストへの寄稿やテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」などメディア出演も多数。2015年より早稲田大学エクステンションセンターにて同センター初の「シナリオプランニング講座」の講師を担当。


今すぐ『変革のための実践シナリオプランニング』無料メール講座と『シナリオプランニング 実践ワークシート』特別資料をお受け取り下さい。

下記フォームに必要事項をご入力の上、送信ボタンを押してください。

尚、ご登録頂いたメールアドレスには弊社が配信している 「Stylish Ideaニューズレター」を週2回お届け致しますのでご了承ください。
メールマガジンがご不要な場合は一通目が届きました際に、 メールマガジン最後の「配信停止」をクリックすれば、 いつでも簡単に解除することができます。

は、必須入力項目です。

お名前 姓: 名:
メールアドレス