「未来の記憶」を元に振り返る【Stylish Ideaメールマガジン vol.190】

10.30


※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

『未来の記憶』を元に振り返る

1日で完結するシナリオプランニング活用講座の集中講座を久々に開催しました。

通常開催している2日版の講座も含めて、これまで何度も開催していますが、その度に良くなっている講座だと自負しています。

そうなってきているのも、これまでにたくさんの人がこの講座を受講してくださり、いろいろなフィードバックをしてくれるから。

毎回、公開セミナーやクライアントさん向けのワークショップの後は1人で振り返りをしていて、そこで出てきたものを、次に盛り込んでみて、その結果を元にまた振り返りをして…の繰り返し。

こうして、いわば「過去の記憶」の蓄積が、今の講座の土台になっていると言えます。

シェルでシナリオプランニングに取り組んでいたキース・ヴァン・デル・ハイデンは、シナリオプランニングがもたらすものを新しい「未来の記憶」だと表現しています。

「未来の記憶」を持つことによって、次のようなことが可能になると紹介しています。

未来に思いをめぐらせることにより、それまでなら気づかずにやり過ごしてしまっていたような状況の変化を、感じ取ることができるようになる。
たとえ一度思いをめぐらせたシナリオが現実には起こらないとしても、いま何が起きているのかについて認識し、判断できるような思考回路が生まれてくる。
そして、物事を観察し、瞬時に反応していくことにも長けていく。

(『シナリオ・プランニング』114ページ)

私たちが過去の出来事を元に振り返りをして、そこから教訓を得て、次につなげていくように、シナリオプランニングでは、未来において起こり得る可能性を元に「振り返り」をして、そこから教訓を得て、未来につなげていくのです。

どんなに貴重な経験をしたとしても、その経験を丁寧に振り返って、そこから得たものを次に活かしていかなければせっかくの経験も無駄になってしまいます。

同じようにシナリオプランニングで描いた未来も、ただ描いただけで終わっていては、せっかくかけた時間と労力が無駄に終わります。

そのために作ったシナリオをアウトプットではなくインプットとして、未来に向けた振り返りをして、そこから得たものを事業や組織、個人の変容に活かしていく

そこまでやることで、シナリオプランニングが本当に活かされるようになるのです。

◆参考セミナー◆
⇒ 「未来の記憶」を元にした振り返りの方法も具体的に紹介していきます。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

読んでる本「殺し屋のマーケティング

外で読んでいる度に、知り合いから「えっ、何ソレ?!」と言われ続けた本がこれ。
・『殺し屋のマーケティング』

新しい「書店の意味」を作り出そうとしている天狼院書店の三浦オーナーが書いたマーケティング小説です。

Amazonにあるネガティブなレビューもわからなくはないのですが、自分としては楽しく最後まで読みました。

最後に載っている「7つのマーケティング・クリエーション」の考え方を元にして、自社の取り組みを見直しているところです。

ビジネスモデルがこれだけもてはやされている今だからこそ、7つの要素がストーリーとコンテンツから始まっている意味は大きいなと思いました。

読む人を選ぶ本かもしれませんが、マーケティングを「普通の」ビジネス書とは違った観点から学びたい人には参考になる本です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メールマガジン購読

未来を見据え、未来を創るためのビジネスの見方を学べるコラム「アイデアノート」や最新のセミナー情報などをお届けする「スタイリッシュ・アイデア ニューズレター」にご登録ください。
ページ上部へ戻る