シナリオプランニングのワークショップで起きていること【Stylish Ideaメールマガジン vol.181】

08.23


※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

シナリオプランニングのワークショップで起きていること

シナリオプランニングでは10年後といった長期の未来の可能性を描きます。

その目的は、今の延長線上にはない未来の可能性を考えることで、想定外の未来にも対応できる対応策を考えること。

そういうことに取り組む手法だというと、シナリオプランニングのワークショップは「ぶっ飛んだ」未来の可能性を描き続ける、妄想の世界に浸る場だと思うかもしれません。

しかし、作成したシナリオをインプットとして経営計画や新規事業を作るということを考えると、そのシナリオが荒唐無稽のものではいけません。

つまり「今の延長線上にはない」とはいっても、なんでも良いわけではないのです。

「今の延長線上にはない」ことを無闇に妄想するのではなく、まずは、

【自分たちは、どういうことを『今の延長線上』だと考えているのか?】

と問いかけ、自分たちの思い込みを自覚します。

その上で、ある事象の未来の可能性として、自分たちの「延長線上」にはない可能性、つまり、自分たちが普段なら想定していなかった未来の可能性について考えていくのです。

普段なら想定していなかったことを考えるためには、まず、普段から想定していることを自分たちで自覚しなくてはいけません。

シナリオプランニングで発想を広げるというのは、自分が認識している世界を自覚して、その世界から一歩踏み出してみること。

そういう営みを、ワークショップに参加している一人一人が行い、それをチームとして対話をしながら共有し、共に「延長線上にはない」世界に踏み出していく

そんなプロセスが、本当のシナリオプランニングのワークショップで起きていることなのです。

◆参考セミナー◆
⇒ 組織で使うことを念頭に置き続けてシナリオ作成を体験する講座です。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

読んでる本「Pen 9/1号 いま最も知りたい国 中国最新案内。」

今回は本ではなく雑誌。

でも、下手な本よりも濃い情報が詰まっているこの一冊。
・「Pen 9/1号 いま最も知りたい国 中国最新案内。」

Penの最新号は中国の最新案内。

いろいろな見方をできる国ではありますが、ビジネスでも技術でもデザインでも、中国で起きていることから目は離せません。

そんな最新動向が雑誌ならではの豊富な写真で理解できる他、基本的なデータあり、歴史あり、思想ありと、文字どおり、最新の中国を理解できる特集になっています。

中国行ってみたいなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メールマガジン購読

未来を見据え、未来を創るためのビジネスの見方を学べるコラム「アイデアノート」や最新のセミナー情報などをお届けする「スタイリッシュ・アイデア ニューズレター」にご登録ください。
ページ上部へ戻る