メンタルモデルに切り込むシナリオテーマ【Stylish Ideaメールマガジン vol.158】

12.20


※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

メンタルモデルに切り込むシナリオテーマ

先日、シナリオプランナー養成講座の応用編を大阪で久々に開催しました。

(ちなみに次回の開催は年明け3月です。)

応用編講座は、シナリオプランニングを組織開発の文脈で使うための適用方法を考えていく講座です。

今回からの応用編では、クライアント役を立てて、その人に対してヒアリングを行いながら、2日間で取り組むシナリオテーマの設定ワークを盛り込んでいます。

ロイヤル・ダッチ・シェルのシナリオプランナーだったアリー・デ・グースが

シナリオプランニングはメンタルモデルに取り組むための革新的な手法の中で、最も影響力が大きいもの

という趣旨のことを『フィールドブック 学習する組織「5つの能力」』で紹介しています。

このようにメンタルモデル、言い換えれば個人や組織の思い込みに切り込んでいき、個人や組織の視野を広げていくことがシナリオプランニングの効果のひとつです。

しかし、単にシナリオプランニングをやれば個人や組織の視野が広がるわけではありません。

間違った使い方をしてしまえば、むしろ個人や組織の思い込みを強化してしまうことにもなりかねないのが難しいところです。

では、個人や組織の視野を広げられるようなシナリオプランニングを実施するためにはどのようなことを考えれば良いのでしょうか。

それは「適切なシナリオテーマを設定する」ことです。

では「適切なシナリオテーマ」を設定にするには何をやれば良いのでしょうか?

それは、シナリオプランニングを実施する組織の意思決定者の思い込みを深く探り、それを正確に理解することから始まります。

思い込みを踏まえた上で、その意思決定者に見えていない世界を見せられるようなテーマを設定するのが、プロジェクト初期段階での大きな山場だと言えるでしょう。

「この人が見えてない世界を見せてやろう」という恣意的なテーマではなく、かといって思い込みを何も配慮していない凡庸なものでもない、絶妙なバランスのテーマを設定することが重要です。

もちろん、適切なシナリオテーマを設定すればあとは自然と流れていくほど単純ではありませんが、ここで間違ってしまうと、その後の進め方が
難しくなってしまうのは確実。

シナリオプランニングプロジェクトを円滑に運営していくためにも、シナリオテーマの設定は妥協せずに取り組んでいってください。

◆参考セミナー◆
⇒ テーマを考える応用編を受けるために、ぜひ基礎編+実践編も。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

読んでる本「なぜ、あなたがリーダーなのか」

今年から始めた読書対話会オンラインセミナー。
今年最後の一冊はリーダーシップを取り上げます。

なぜ、あなたがリーダーなのか[新版] — 本物は「自分らしさ」を武器にする

世の中の価値観が多様化していく中、リーダーとして「自分自身に忠実である」ことはますます大切になっているように感じます。

では「自分自身に忠実である」ためには何をどのようにすれば良いのか。

そのためのヒントが詰まった一冊です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メールマガジン購読

未来を見据え、未来を創るためのビジネスの見方を学べるコラム「アイデアノート」や最新のセミナー情報などをお届けする「スタイリッシュ・アイデア ニューズレター」にご登録ください。
ページ上部へ戻る