中期経営計画とシナリオプランニング【Stylish Ideaメールマガジン vol.109】

08.12


※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

中期経営計画とシナリオプランニング

実際のビジネスの中でシナリオプランニングをどのように活用するんですか?というご質問をいただくことがあります。

いろいろある中で、最近少しずつ増えているのが中期経営計画と絡めた活用です。

多くの企業で中期経営計画を作成していますが、何を前提として作成しているでしょうか?

いろいろな企業の中経を見ていると、現在の外部環境からあまり変わらないのを前提として考えているものが少なくありません。

例えば、消費税増税、あるいは高齢化の進展といったような環境要因を考慮していると明記している資料はよく見ます。

しかし、実際にはそれ以外にも考えなければならない要素はたくさんあるはずです。

シナリオプランニングと中経を絡める場合は、大きくふたつの活用法があります。

中経を作る期間(中経が5年なら5年)でシナリオを描いてみて、そのシナリオを前提に中経を考えるパターン。

この場合は、複数のシナリオ(未来の可能性)のどれが起きたとしても耐えられるような中経を考えていきます。

もうひとつのパターンはシナリオを使って既存の中経を「鍛え直す」という使い方です。

中経で考えられている期間と同じか、あるいはそれ以上の長さでシナリオを作成して、中経を作った時に見落としていた点がないか、新たに考慮しなくてはいけない点はないかを考えるという使い方です。

中期経営計画は、対外的に使うためのものという性格が強いかもしれませんが、シナリオを使い、最後は個別の戦略に落とし込んでいく使い方です。

中期経営計画を作っている、あるいは過去に作ったものの、見ている範囲が狭い気がする場合、シナリオプランニングとあわせて見直してみると事業に活かせる新たな視点が見つかるはずです。

◆参考セミナー◆
⇒ アクションにつなげていくシナリオの考え方も学べます。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

読んでる本「Kindle Unlimited」

今日は個別の本というよりも、ついに始まったAmazonの読み放題サービス、Kindle Unlimitedの話しを。

・Amazon.co.jp: Kindle Unlimited:読み放題ストア: Kindleストア

月額980円で読み放題というサービス。

最初の1カ月はお試し期間ということで試しに使っていますが、これはいいですね。

Unlimitedとはいえ、一度にダウンロードしておくことができるのは10冊までというのもあり、有料の図書館という感じです。

さすがにあまり良い本はUnlimitedにはないかと思っていましたが、洋書も含めて、想像以上にいろいろあって驚きます。

仕事のために読み込む本は、どうしても紙で書き込みながら読みたいですが、一度目を通せば良いという本はこれで十分ですね。

これが出版業界にどう影響があるのかは、今後きちんと見ていきたいテーマです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メールマガジン購読

未来を見据え、未来を創るためのビジネスの見方を学べるコラム「アイデアノート」や最新のセミナー情報などをお届けする「スタイリッシュ・アイデア ニューズレター」にご登録ください。
ページ上部へ戻る