公開セミナーでは何をやっているのか?【Stylish Ideaメールマガジン vol.098】

06.03


※イノベーション組織を作るためのアイデアを届けるStylish Ideaメールマガジンに掲載したコラムのバックナンバーです。最新のコラムをお読みになりたい方は、こちらからご購読ください。

公開セミナーでは何をやっているのか?

最近、対面で、あるいはお電話などでいただくお問い合わせの中に

シナリオプランニングの公開セミナーって何をやるんですか?」

というのが増えてきました。

シナリオプランニングそのものについては、無料メール講座が参考になると思います。

では、具体的にセミナーでは何をやっているのかを弊社の最近の看板講座である「基礎編+実践編」の内容を元にご紹介します。

変革のためのシナリオプランニング 基礎編+実践編 (6/18-19) 〔東京開催〕

変革のためのシナリオプランニング 基礎編+実践編 (7/2-3) 〔大阪開催〕

この講座では、皆さんが実際にシナリオを作る機会が1.5日の間に2回あります

まずは初日。

これは共通のテーマを設定して、参加者全員でひとつのシナリオを作ることを体験します。

個別ではなく、全員でひとつのシナリオを作るプロセスをとおして、シナリオプランニングの全体像を学んでいただくことが目的のひとつです。

そして、もうひとつの目的はそこで体験してわかる、チームや組織でシナリオプランニングをやるときの状況を体感的につかむということです。

シナリオプランニングに限らず、ひとりでやれば簡単なのに、チームになると途端に難しくなる。

そんな経験をしたことがある人も多いはずです。

そういう経験を初日のワークをとおしてやることでチームや組織でシナリオをやる意味を学んでいきます。

そして2日目は個別のテーマでシナリオ作成です。

シナリオを作成する際にはチェックポイントと言うようないくつかのポイントがあります。

例えば、
・テーマの設定
・外部環境要因の選び方
・シナリオマトリクスの軸の取り方
などです。

こういうチェックポイントを、ご自身のテーマでシナリオを作りながら学んでいくのが2日目です。

そして毎回盛り上がるのは、ワーク中、休憩中の質疑応答の部分。

少人数でやるからこその濃さで、メールマガジンやブログなどでは書けない実際の体験なども踏まえ、シナリオ実践のポイントをつまびらかにします。

この流れをとおして、シナリオプランニングのプロセスを学ぶことはもちろん、

・シナリオプランニングをやる意義
・シナリオプランニングをやるタイミング
・シナリオプランニングの効果

などを持ち帰っていただけるようになっています。

◆参考セミナー◆
⇒ 基礎編+実践編、東京・大阪でそれぞれ募集中です。
公開セミナー日程 | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

読んでる本「リストマニアになろう!」

最近に限らず、さまざまな思考法やツールが世に出ては消えていますが、長く使われるのは結局、シンプルなものだという気がします。

そういうものの中で、もっともシンプルなものが「リスト」でしょう。

そんなリストについてまとめた新刊がこれ。
・『リストマニアになろう!』

リストの威力については、以前に読んだこれ
・『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』

が好きですが、実践するためのヒントが少なく人によっては評価が低かったのですが、今回の『リストマニアになろう!』は、とてもとっつきやすい本になっています。

どうも新しい手法やツールに振り回されている感じがすると思っている方にはオススメの一冊です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メールマガジン購読

未来を見据え、未来を創るためのビジネスの見方を学べるコラム「アイデアノート」や最新のセミナー情報などをお届けする「スタイリッシュ・アイデア ニューズレター」にご登録ください。
ページ上部へ戻る