日経課長塾にてシナリオプランニング講師を務めます

04.08


「シナリオプランニングによる計画立案」を担当

日経ビジネスの2006年11月6日号の「管理職が壊れる」特集がきっかけとなって始まった「日経課長塾」という公開講座がありますが、その上級編とも言える課長塾「価値創造編」クラスにおいてシナリオプランニングの講師を務めることになりました。

修了生限定 課長塾「価値創造編」クラス | 日経ビジネスオンライン実践講座

5月から始まる全9回のコースの最後の2日間(合宿形式)でやるシナリオプランニングの講座を担当します。

課長塾「価値創造編」クラスのWebページを見ていただくとわかりますが、それまでの8回もチームビルディングやデザイン思考、戦略立案など非常に濃い内容となっています。

最終回にあたるシナリオプランニングの回では、総まとめとして、それまでに身につけた知識やスキルを駆使して、未来のシナリオを考えていただき、最終的には参加者の皆さんのアクションプランにまで落とし込んでいただく内容をお届けする予定です。

修了生限定とはなっていますが、修了生でなくても申込みができるようなので、次世代を担うマネジャーを目指す皆さん、あるいはそのような人材を育てたいと考えていらっしゃる人事やマネジャーの方は、ぜひご検討ください。

修了生限定 課長塾「価値創造編」クラス | 日経ビジネスオンライン実践講座

最後に紹介ページに載っている私の担当分の概要を載せておきます。

「シナリオプランニング」とは、「必ず起きること」を予測するのではなく、むしろ、「起きる可能性がある」未来を描き、それに備えるための対策を講じる手法。8回の講座で拡がった視野のもとで、自社の未来シナリオを設定し、それに対してどのような準備をしていくかを、2日間の合宿での講義・ワークショップ・対話を通して創り上げていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メールマガジン購読

未来を見据え、未来を創るためのビジネスの見方を学べるコラム「アイデアノート」や最新のセミナー情報などをお届けする「スタイリッシュ・アイデア ニューズレター」にご登録ください。

新刊のお知らせ

組織でイノベーションを起こすために必要な知識が詰まった『成功するイノベーションはなにが違うのか?』発売中

4798140570
ページ上部へ戻る